サラ金

サラ金に借りたお金が返済できない人へ

サラ金に借りたお金が返済できない人がたくさんいると思います。そもそも、サラ金の金利はとても高いですから、数百万単位で借りた場合は普通の返済方法では不可能と言って良いでしょう。中には夜逃げを考えている人もいるかもしれませんが、あまり得策ではありません。夜逃げする場合は、借金の時効が成立するまで逃げる必要がありますが、サラ金は時効になる前に裁判を起こす可能性が高く、裁判で判決になると時効が10年延長されるからです。

そんなに長く隠れ住むのは大変ですよね。実は、そんな大変な方法を行わなくても、他に返済方法の選択肢はいくらでもあります。最も簡単な方法は、サラ金と話し合って、任意に借金を整理する返済方法です。サラ金としても、全く貸したお金が返ってこないよりは、元金だけでも回収したいでしょうから、貴方の収入や支出を明らかにして説明すれば応じてくれる場合もあります。自分で交渉が難しい人は弁護士などの専門家に依頼して交渉してもらう方法もありますが、ある程度の報酬が当然必要になります。


借金している、サラ金の数が多かったり、交渉が上手く行かない場合は、裁判所に間に入ってもらって、サラ金と調整してもらう返済方法もあります。


裁判所が間に入って借金を整理する返済方法は、調停というものです。中でも特定調停という調停制度は費用も安いうえに、サラ金は取り立てを一時停止する必要があります。裁判所が間に入ると、多くのサラ金は貸金が返ってこないよりは、マシですし、自分で貸金を回収するための裁判を起こす手間も無くなるので、金利なしで元金のみを分割して支払う返済方法に応じるようです。返済方法も貴方の収入と生活費を考慮して無理のない範囲で調整してくれるます。しかし、安心ばかりはしてはいられません。

そこまで好条件でサラ金にも妥協してもらった以上、これで支払いが遅れるようなら後がないことも肝に命じておいてください。さて、調停で解決できる人は良いのですが、中には収入が全くない人や借金が多すぎて、元金のみの分割返済方法でも何十年もかかってしまう人もいるでしょう。そんな人は、破産と免責という裁判所の手続きを利用することになります。簡単に説明すると、今ある資産で返済できるだけ返済し、足りない分は棒引きにしてもらう制度です。破産者にはいくつかの制約もかかってきますし、当面はキャッシングやローンは組めなくなるので、最後の手段にするのが賢明でしょう。この手続きは、なかなか申請が難しいので、何とか弁護士費用だけは工面して弁護士に依頼するのが便宜です。