サラ金

債務の借り換えを行う場合、年利いくらぐらいのサラ金業者を候補にすべきか

サラ金と契約した後に、実際に借り入れを行い、その後に借り換えを行うというのは、時としてお得な手段となり得る。それはなぜかというと、サラ金業者によって契約時の金利が違うからである。たとえば、借入件数が比較的多い人を対象にしてお金を貸すサラ金の場合、年利は、借入件数が少ない人を対象にしているサラ金と比べると、やや数字が大きいというのが一般的である。なぜかというと、借入件数が多いという人は、その時点で債務が多いということであり、債務が少ない人と比べると返済時にトラブルになる可能性が高い。金融業者からすると、そういう人に貸すということはリスクがあるので、金利を高めに設定するわけである。しかし、借入件数が多くない人、あるいは他社にまったく借り入れをしていない人であっても、高い金利を設定される場合がある。そういう人は、他のサラ金業者と契約した場合、最初に契約した業者よりももっと低い金利で契約出来る可能性がある。そのため、借り換えが有効なのである。では、借り換えというのは具体的にどうすればいいのかということであるが、特に利用者側が借り換えを意識する必要というのはない。今利用している金融業者よりも低い金利の金融業者に申込みを行うだけである。


ただ、一つだけ注意しなければならないのは、金利が極端に低い所との契約は見送った方がいいということである。たとえば、サラ金において、現在の平均的な年利というのは18パーセント前後である。しかし、年利5パーセント前後と宣伝している業者も存在している。その中には合法的な業者も当然存在している。たとえば、土地などの担保を取り、100万円以上の高額の融資をする業者であれば、その程度の金利で営業していてもおかしくない。ただ、担保を取らず、他社からの借り入れが多い人でも、年利5パーセントで貸す業者というのはまず存在しない。業者にとってリスクが高すぎるからである。したがって、このような業者の広告を見ても、申し込まない方がいいだろう。では、借り換え先として有望な、安い金利というのはどれぐらいかというと、現在、18パーセント程度の年利で融資を受けているのであれば、15パーセント前後であれば、充分安いと言えるだろう。もし、こうした業者を見つけることが出来たら、インターネット上の口コミ情報など、実際に契約した人の意見を読んでみよう。それで、問題なさそうだということであれば、借り換え先として候補に入れてもいいだろう。