サラ金

サラ金のキャッシングは安心なのか

年代によっては、サラ金と聞くと良いイメージを持たないだろう。サラ金とは、今で言う消費者金融のことである。本来はサラリーマンを対象に金貸しをしたことで、サラ金と呼んだ。また、無人契約機のCMが記憶に新しい人もいるだろう。そして、サラ金から融資を受けることをキャッシングと言う。

今のキャッシングとほぼ変わりないのだが、法規制が整備されていない中で、はじめて利用する人が多くいたため、正しい利用方法が分からずに借金地獄に陥ってしまう人が多くいたというのが現状だ。そこから良いイメージが失われ、同時に闇金と呼称が似ているということを受けて混同して考えてしまう人も少なくはなかった。そういったイメージを払拭すべく、サラ金から消費者金融という呼称へ移ったのだが、イメージが払拭しきれていない部分もある。しかし、過去のサラ金と現在の消費者金融は似て非なるものだと思っていい。

というのも、この数十年で貸金業法が施行され、消費者が安全にキャッシングを利用できるように整備されたためである。正規のサラ金業者を利用する以上は、危険な借入れに悩まされる心配は一切なくなった。ただし、きちんと見分けてから申込みをしないと、中には悪質な業者もあるので注意はしたい。


その悪質な業者というのが闇金である。先述したように、サラ金と闇金はまったく異なる存在だが、似ているので、見分ける術は持っておくのがいいだろう。不安な人は、少なくとも知名度があるキャッシング会社へ申し込みをすれば安全だ。最近では、大手ともなれば銀行と提携して運営している業者も少なくなくはないので、大手を利用する以上は、キャッシング初心者の方が闇金に引っかかる可能性はほぼないだろう。ちなみに、正規のサラ金業者を見極める基準としては、登録番号というものがある。

一例だが「関東財務局長(3)第×××××号」とという番号があり、この記載があれば然るべき機関へ登録をして運営している証拠である。ただし闇金でも登録していることもあるので、カッコの中の数字を確認しよう。この数字は更新年数である。つまり、更新年数が多いほど長く運営している信用できる業者の証拠になるため、カッコ内の数字が1なら、闇金と疑った方がいい。また、ブラックOK、誰でも融資可能、超低金利など、誇大広告は闇金なので利用しないように注意したい。正規のサラ金のキャッシングには悪質性はない。しかし、そこを見極めて利用するのは自分自信であることを覚えておこう。